高橋伴明
高橋伴明
1949

5月10日 奈良市生まれ

1969

早稲田大学に入学するが、第二次早稲田闘争に参加。学籍を抹消

1972

『婦女暴行脱走犯』にて監督デビュー。
以降50数本のピンク映画を監督。

1982

『TATTOO<刺青>あり』 監督
同作にてヨコハマ映画祭監督賞受賞。

1994

『愛の新世界』で
”おおさか映画祭”監督賞受賞
以後、脚本・演出・プロデュースと幅広く活躍。

代表作

1982

『TATTOO<刺青>あり』

1988

『DOOR』

1990

『ネオチンピラ・鉄砲玉ぴゅ〜』

1991

『獅子王たちの夏』

1994

『愛の新世界』

1995

『セラフィムの夜』

1996

『迅雷』

1998

『大いなる完』

2001

『光の雨』

2005

『火火』

2008

『丘を越えて』

2009

『禅 ZEN』

2010

『BOX』